呼吸器外科の看護師求人

呼吸器外科の看護師求人

呼吸器外科って、残念ながらあまり耳にしません。 医師の間では、呼吸器外科医と呼吸器内科医の区別がしっかりあるかもしれませんが、看護師の職場として呼吸器外科というのは認知度が低く、 実際は呼吸器科として呼吸器外科と呼吸器内科両方を扱ってるところがほとんどではないでしょうか。 それでも呼吸器外科と聞くと仕事内容や職場雰囲気は大体わかりますよね。 では、求人はどうなっているのでしょう。 呼吸器外科それ自体の求人数は少なく、内科や呼吸器の看護師求人欄に〈呼吸器外科経験者優遇〉と書かれてある求人を多く見ます。 なので、呼吸器外科経験のある看護師はとても希少価値ある人材なのです。

でも、呼吸器外科という診療科が少ない現状の中でどうやって経験を積むのでしょうか・・? 呼吸器外科で扱う疾患や治療法などを思い浮かべると見えてくるものがあります。 まず扱う疾患は、呼吸に関わる疾患を対象に外科治療をする、肺癌・縦隔腫瘍・胸壁腫瘍など。 治療法は、内視鏡的にレーザー治療したり、開胸OP、放射線や化学療法がありますよね。 OPには最近、脳死・生体肺移植術もありますし、肺RFAもあります。

これらを総合的に見ると看護師として必要なスキルが分かりますし、 ターミナルケアやホスピス・腫瘍科での経験、ICUや外科での経験がとっても活かされる診療科と言えます。 これらの経験がある看護師は、呼吸器外科へ堂々と転職できますよ。 呼吸器外科で自信を持ってやっていけるだけの経験あるということを面接でアピールすればいいのですから!

求人欄に書いてある事柄の持つ意味をかみ砕いて考え、採用する側が何を求めているかが分かれば、転職活動は思いのほかスムーズに進みます。 また採用率も高くなると思います。呼吸器外科という看板は少ないけれど、呼吸器看護師を求めているところは多いのです。 日本最大原因の一つ〈がん〉を扱う診療科なので患者数も少ないわけありませんし、 治療も長期化するのでOP前からOP後の肺理学療法まで数年間にわたって患者と付き合うことになります。 なので、呼吸器看護師数は多ければ多いほどいいケアができるということになりますよね。あなたを待っている求人は必ずあるはずですよ!

こうやって考えると呼吸器外科への転職のハードルが低くなり、気が楽になったと思います。 求人が少ないからといってすぐ諦めたり、むやみに悩むのではなく、とらえ方や考え方を変えるといいです。 そのためには転職サイトのアドバイザーに相談してみるのも方法です。 看護師の希望を叶えるために、たくさんの知恵と工夫を知ってますからぜひそれらを分けてもらって下さい。



【最新!】看護師求人探しの秘密!今まず登録すべきサイトは↓↓です!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師求人サイトランキング・2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 【最新!】看護師求人探しの秘密 All Rights Reserved.
[他サイト] DODAナース 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ FAナース メディカルラポール ナース専科 アイデムエキスパート Medical Cafe Temujin ナースではたらこ
ナイチンゲール 看護ジャパン 看護師☆求人ひろば メディカルプラネット 求人ER