麻酔科の看護師求人

麻酔科の看護師求人

麻酔に関する看護師の仕事がどんなものかはっきり表に出ることがほとんどないため、どの部署で麻酔と関わることが出来るのかはっきり知られていないのが現状。 それでも、麻酔科医と共に仕事をこなすOP室看護師を思い浮かべる人は多いでしょう。 次にペインクリニックやターミナルケアで活躍する麻酔医がいることから、ここでも看護師をしての業務は発生します。

OP室では、執刀医はOPをし麻酔医は麻酔の利き具合や患者の様子を見ながら薬剤の調節に集中します。 一方看護師は、それら医師たちの業務がスピーディかつ安全なものとするために存在しますよね。 一番よく目にする麻酔に関わる看護師の姿だと思います。

麻酔科看護師と聞いて最もしっくりくるのが、ペインクリニックで働く看護師ではないでしょうか。 比較的ポピュラーな診療科ですが、看護師の仕事内容がはっきりしてないばかりに転職しようと考える方が少ないように思います(残念!!) 頭痛や肩こり、頸椎椎間板ヘルニアやむち打ち症、顔面神経麻痺の患者を対象に、麻酔薬を使って神経ブロックを行うことで痛みを軽減するのが目的としています。 その処置の準備や処置前後の症状観察が主な仕事で、一見単純でつぶしの利かない診療科だとマイナスイメージを持つ看護師もいますが、 意外とおもしろい職場なんですよ?

痛みを感じる部分の神経近くに注射をするため、顔面神経麻痺の場合い頬に注射します。見ごたえ(失礼!)ありますよ〜〜? また、注射するとみるみる痛みが減少するためか患者の笑顔が戻り、それまで無口でしかめ面の患者が機関銃のごとく喋りはじめ、 井戸端会議同然に話しこんでいく患者もいます。体調がよくなたったことを実感できる瞬間でもありますね。 もともとペインクリニックはバタバタしてないので、こうやってじっくり患者と話をできるし、看護師や医師と雑談できるところだと患者も分かっているのでしょう。 お花やお菓子持参で遊びに来る患者もいます。 かえってバタバタしてると患者が落ち着かないし、細かな処置をする麻酔医の邪魔をしてしまいます。

そして最後に、これから〈看護麻酔師〉(CRNA)が日本でも活躍しそうです。今日本に数人いるそうですが、日本では誤訳されて〈麻酔看護師〉と呼ばれているそうです。 アメリカで働いている麻酔看護師制度を日本に導入しようして始まったそうです。今日本人でもアメリカで麻酔看護師として働いたりコースに通っている人もいるそうですよ。 もちろん日本の大学でもコースを学ぶことが出来ます。 今は麻酔分野で働く職場が少ないですが、将来的には大きく道が開こうとしています。少しでも麻酔に関わっておくと将来有利だと思いませんか?



【最新!】看護師求人探しの秘密!今まず登録すべきサイトは↓↓です!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師求人サイトランキング・2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2018 【最新!】看護師求人探しの秘密 All Rights Reserved.
[他サイト] DODAナース 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ FAナース メディカルラポール ナース専科 アイデムエキスパート Medical Cafe Temujin ナースではたらこ
ナイチンゲール 看護ジャパン 看護師☆求人ひろば メディカルプラネット 求人ER